29 May

研究発表@情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会

SFCityで行われた研究成果を、情報処理学会第54回ユビキタスコンピューティングシステム研究会において発表しました。

都市の俯瞰的理解を高める都市情報ダッシュボードの設計と実装
伊藤友隆、米澤拓郎、中澤 仁、徳田英幸(慶応大)

image-uploaded-from-ios-5

Lokemon:その場に潜むモンスターを介した参加型センシング手法
坂村美奈、米澤拓郎、大越 匡、中澤 仁、徳田英幸(慶応大)

image-uploaded-from-ios-4

ピギーバック型道路自動点検システムのための白線の擦れ検出手法検討
河野 慎、西山勇毅、米澤拓郎、中澤 仁、徳田英幸(慶応大)

image-uploaded-from-ios-3

22 May

総務省SCOPEに採択されました

SFCityのメンバーである中澤仁を代表とする提案が、総務省SCOPEの重点領域型研究開発に採択されました(6件採択/36件応募)。今後、藤沢市においてWiSunメッシュネットワークを構築し、スマートシティのためのプラットフォーム・アプリケーション構築を進めてまいります。

課題名:
Wi-SUN FANによる知的センサネットワーク 『OMIMAMORIねっと藤沢』の研究開発

概要:
人口の少子高齢化や地域コミュニティにおける人々の結びつき低下が進む中、徘徊 高齢者の迅速保護や子供の状況把握は、人を見守る上で重要な課題となっている。 本研究開発では、街、モノ、人を見守る様々な形と機能のお守り型デバイス 『OMIMAMORI(オミマモリ)端末』と、それらからデータを受信して行政機関や家族等に転送するネットワーク『OMIMAMORIねっと』を構築し、それらを神奈川県藤沢 市に『OMIMAMORIねっと藤沢』として実装する。各見守り対象を直接的に支援するのに加え、システムから得られるデータを社会知として活用可能とするためのプラットフォームを実現する。

omimamori