03 Feb

2017年度デジタルプラクティス論文賞受賞

SFCityラボがこれまで藤沢市で取り組みを進めてきた実証実験をまとめた論文が、情報処理学会2017年度デジタルプラクティス論文賞を受賞し,ソフトウェアジャパン2017において中澤仁他共著者が表彰されました。デジタルプラクティス論文賞は、ICT実務の現場での実践やそこから生み出される知見を広く社会全体で公開共有し再利用することを目的とし、最もかなう論文を1年に1編選び表彰されるものとなっております。

中澤 仁,陳 寅,米澤 拓郎,大越 匡,徳田 英幸, “ユニバーサルセンサネットワークと清掃車を活用した藤沢市のスマート化”, 情報処理学会デジタルプラクティス Vol.8 No.3, pp. 244–252, 2017年度デジタルプラクティス論文賞

digitalp

syojyo